snow_monkey_prepend_main

snow_monkey_template_part_render

  • ブックマーク
  • -
    コピー
snow_monkey_before_entry_content
snow_monkey_prepend_entry_content

テンプレートの部分的な書き換えなどを行う際によく利用します。

実験的にここでは、投稿の詳細ページのタイトル部分にマークアップされている<header> タグ全体を書き換えて、CSSクラス .p-added-css-class を既存CSSクラスに追加するという(意味のない)ことをやってみようと思います。

対象となるテンプレートファイルの場所は、snow-monkey/template-parts/content/entry/header/header.php になります。

こちらをフック名に加えて、上のテンプレートを上書きする フック名 は、snow_monkey_template_part_render_template-parts/content/entry/header/header となります。

では、実際にフィルターフックをかけてみましょう。

ソースコード

<?php
/**
 * @param $html テンプレートパーツの出力HTML
 * @param $name テンプレートパーツの名前
 * @param $vars テンプレートパーツのリクエスト配列
 */
add_filter(
	'snow_monkey_template_part_render_template-parts/content/entry/header/header',
	function( $html, $name, $vars ) {
		$html = str_replace(
			'<header class="c-entry__header">',
			'<header class="c-entry__header p-added-css-class">',
			$html
		);
		return $html;
	},
	10,
	3
);

PHP の str_replace() に関しては こちら をご覧ください。

こうすることで、投稿詳細ページのタイトル <h1> をラップしている <header> に付いているクラス名を増やすことができます。

公式リファレンス

https://github.com/inc2734/snow-monkey/wiki/Filter-hooks#snow_monkey_template_part_render_slug

更新履歴

2021/11/20 00:02:05 - `snow_monkey_template_part_render_.md` を作成 ( Olein-jp )

コンテンツ内容に不備がある場合にはプルリクお待ちしています。

snow_monkey_template_part_renderフックを
Snow Monkey公式フォーラムで検索する

Snow Monkeyで困ったら…?

こんな時にご活用ください。
  • Snow Monkeyの使い方をレクチャーしてほしい
  • Snow Monkeyのカスタマイズの基本をレクチャーしてほしい
  • Snow Monkeyを採用した案件で行き詰まったので解決してほしい
  • Snow Monkeyを採用した制作案件を依頼したい

運営へのご連絡はこちらから

HAPPY SNOW MONKEY を
さまざまな形でサポート頂けます。

snow_monkey_append_entry_content
snow_monkey_after_entry_content

HAPPY SNOW MONKEYの管理人情報

久野 晃司

Web制作系フリーランス。WordPressに関するお仕事や活動が多いです。

WordPressコア貢献者/テーマ開発者/プラグイン開発者/Meetupオーガナイザー/翻訳貢献者

snow_monkey_append_main