snow_monkey_breadcrumbs

  • ブックマーク
  • -
    コピー

snow_monkey_before_entry_content

snow_monkey_prepend_entry_content

パンくずリストのカスタマイズが可能なフックがこちらになります。

ソースコード

こちらは公式リファレンスに公開されているソースコードです。パンくずの最後の項目をカスタマイズする例が掲載されています。

<?php
/**
 * @param array $items パンくずの配列
 * @return array パンくずの配列
 */
add_filter(
	'snow_monkey_breadcrumbs',
	function( $items ) {
		// パンくず最後の項目を変更する場合の例
		$items[ count( $items ) - 1 ] = [
			'link' => リンクURLを入れる,
			'title' => パンくずに表示するタイトル文字列を入れる,
		];
		return $items;
	}
);

$items配列に何が入っているか見てみよう

実際に、この投稿をローカル開発環境内で$itemsの配列の中身を見てみました。

array (size=3)
  0 => 
    array (size=2)
      'title' => string 'ホーム' (length=9)
      'link' => string 'http://happy-snow-monkey.olein-design.com/' (length=35)
  1 => 
    array (size=2)
      'title' => string 'フィルターフック' (length=24)
      'link' => string 'http://happy-snow-monkey.olein-design.com/category/filter-hook/' (length=56)
  2 => 
    array (size=2)
      'title' => string 'snow_monkey_breadcrumbs' (length=23)
      'link' => string 'http://happy-snow-monkey.olein-design.com/snow_monkey_breadcrumbs/' (length=59)

このような中身になっています。リンクのドメインがローカル開発環境のものになっていますが、構造と内容はわかっていただけるかと思います。

例えば、2のtitleを取り出したい場合には、$items[2]['title']とします。

最初のパンくずアイテムのテキストを変える

最初のパンくずのアイテムのテキストを変更するソースコードは以下のようになります。

<?php
add_filter(
	'snow_monkey_breadcrumbs',
	function( $items ) {
		if ( isset( $items[0] ) ) {
			$items[0] = [
				'title' => 'HAPPY SNOW MONKEY',
				'link'  => $items[0]['link'],
			];
		}
		return $items;
	}
);

公式リファレンス

snow_monkey_breadcrumbsフックを
Snow Monkey公式フォーラムで検索する
「あれ?この情報、古くない?」と思ったらご連絡ください。

HAPPY SNOW MONKEY を
さまざまな形でサポート頂けます。

snow_monkey_append_entry_content

snow_monkey_after_entry_content

HAPPY SNOW MONKEYの管理人情報

久野 晃司

Web制作系フリーランス。WordPressに関するお仕事や活動が多いです。

WordPressコア貢献者/テーマ開発者/プラグイン開発者/Meetupオーガナイザー/翻訳貢献者